ペット宿ドットコム 犬と宿泊できる宿・猫と宿泊できる宿・ペットと宿泊できる全国の宿の紹介ペット宿プラス ペットと一緒に入れるお店や施設の紹介サイトペット宿.comのショッピングサイト お得なワンちゃん洋服や消臭剤も・・・イヌリンピック 犬のイベント・ドッグイベント
ペットと泊まれるお宿が探せる ペット宿ドットコム
  
HOMEペットと泊まるトラベルマナーペット宿グランプリ宿泊感想文リンク集ヘルプ/問合せ
       
 
 
HOME > トラベルマナー&旅行前にcheck! > トラベルマナー
 
ペットと泊まれるお宿は年々増えていますが、反対にペットの受入れを停止するお宿も数多くあります。
なぜ、受入れをやめてしまうのか・・・。
それは、マナーを守らない人がいるからです。
『粗相をした場合、お宿に言わない。(自分たちで始末をする)』『吠えているのに静止しない』『ないしょで布団の中に入れている』・・・などなどケースは様々。ペットと宿泊できるお宿を減らさないためにも、ペットと一緒に旅行に行きたいと思っている私たち一人ひとりが考えて行動しなければいけません。
最低限のルールとマナーを必ず守りましょう!!
 
特に1才未満のワンちゃんは他の犬との接触に注意してください。
ドッグラン使用の際に証明書の提示が必要な場合があります。
館内に入る前にはトイレをすませておきましょう。
不安な場合はマナーベルト(おむつ)の着用で安心。もし粗相をした時は必ず宿へ伝えましょう。

楽しいペットとの旅行ですが、愛犬がトイレを失敗をしてしまうと楽しさも半減・・・。普段からしっかりと指定した場所でできるように教えておくとよいですね!お家で愛犬が上手にペットシーツにトイレができるようにしておくととても便利ですコツは愛犬がシーツの上でトイレをしているときにワンツー、ワンツーなどと声がけをしてトイレが終わったらすかさずご褒美のおやつを上げます。これを繰り返すと愛犬は「ワンツーの指示があったときにシーツでトイレをするとご褒美がもらえるぞ!」と学習します。お部屋の中でマーキングをしてしまう愛犬にはマナーベルトが有効です。
【監修 PLAYBOW 代表 ドッグトレーナー 森山敏彦】
他の犬も吠えだす場合があるので、興奮したり吠えたりしないよう飼い主が注意を払いましょう。
周囲への配慮も忘れずに。
ノミ・ダニの駆除、抜け毛対策はもちろん、旅行前の身だしなみとして事前にシャンプーをしましょう。
帰宅後のケアでさらに安心です。
宿によってはケージの持参が必要な場合もあります。
普段から愛犬が安心できるケージでお留守番ができるようにしておきましょう。
愛犬の排泄物は必ず持ち帰りましょう。
宿によっては専用のゴミ箱が設置してありますので所定の場所へ捨てましょう。
多くの宿でワンちゃんをベッドへのせることは禁止です。
ベッドカバー・敷物持参で大丈夫なケースもありますので宿に聞いてみるとよいでしょう。
 
ペットを連れているからマナーが悪い!なんて言われないために、飼主さんひとり一人がマナーについて考える必要があります。
家ではあたりまえにしている行動が、外では迷惑に思われることもあります!
また、家でもしていないことはしないこと!


★こんな感想が届いています。
Aさんの場合
「チェックアウトの時、ロビーに行くと他のワンちゃんがしたウンチが落ちていました。周りに人の姿はなく、結局自分達が始末をしました。旅行はとても楽しく、お宿も最高でしたが、心無い人の為に一変して気分を悪くしました。ペットを飼うなら最低限のマナーを守って欲しいものです!」


Eさんの場合
「犬は飼っていますが、基本的に犬が苦手な私です。先日、旅行先のドッグランで大型犬に体当たりされとってもビックリしました。でも、その犬の飼主は見ていなかったのか知らん顔、とても怖かったです。」

あなたはこのような出来事をどう思いますか?
 
いくらペットと泊まれるお宿だからといっても、何もかもが自由というわけではありません。
お宿にはそれぞれにルールがあり、そのルールを守らなければならないのは当然のことです。
中にはマナーが悪い人もいます。「ペット連れはマナーが悪い!」なんて思われないように、最低限のマナーは守りましょう!ペット連れではない人も宿泊している場合もありますので、配慮が必要です。
それがペットと楽しく旅をする基本です。


例えば、こんなマナーは当たり前!
・犬が吠えている時は注意して制止する。
・粗相をしたらお宿の人に必ずした場所を伝える。
・ペットだけで廊下などを歩かせない。 etc...
自分が飼っている愛犬なら平気だけど「他のペットは苦手」という人もお宿には泊まっている場合があります。また、動物自体が苦手という人がいることを認識しておきましょう。
外はもちろん館内でもリード着用が基本です。
ノーリードがOKというお宿でも、ペットから目を話さないように注意しましょう!
 
●お宿に入る前にペットの排せつは済ませておこう!(お宿の方にさせてもいい場所を確認!)
旅行に慣れていないペットにとって、排せつの大まかなリズムを飼い主さんがちゃんと知っておくのも大事なことです。

●ペットの足はきれいかな!?
玄関先では、宿に入る前にペットの足をちゃんとふいてから館内にあがりましょう!お宿には、足洗い場が完備されている所もあります。無い場合は、濡れタオルなどを用意しておきましょう。

●お宿のルールを再確認!
予約した際にお宿の方にルールを聞いておきましょう。お宿によって、ルールは違います。お宿に着いてからも再確認しておくと、トラブル回避にもなります。

●ペットのフンは持ち帰るのが常識!
ペットのフンは飼主さんが責任をもって持ち帰りましょう。
各お宿の中には、ペット用のトイレや指定のゴミ箱が完備されている場合がありますので、使用させていただきましょう!
 
●ペットの居場所をセッティング!
客室に入ったら、持参したトイレセット(トイレシート等の下には防水シートがあれば完璧)、飲み水などをセッティング、ペットの居場所を決めてあげよう。ねこちゃんにはツメとぎも用意!
とくに、環境の変化に敏感なねこちゃんは、お部屋に慣れるまで飼い主さんはそばを離れず一緒にいてあげるといいかも・・・。

●お家でしていることはお宿ではNG!
室内では、他のお客さまも使うことを頭にいれて、家にいるときのような自由な行動はダメ。ベッドなどにあげる場合もお宿によって異なるので、必ず聞きましょう。もし、OKだとしても持参したシーツ等を使用するのがエチケット!

●チェックアウト時は簡単な掃除を!
『ペット連れの宿泊後は部屋が汚い!』なんて思われないように、チェックアウトの前には簡単に粘着ローラーなどで抜け毛を取り、トイレの始末(猫の砂)や消臭スプレーなど最低限の掃除を忘れずにしておきましょう。今度、宿泊する時も気持ちよく受け入れてくれるはず!
※旅館などでは障子や襖があるので、もしひっかいたりして破損すると修理代を請求される場合があります。ペットの行動には十分気を付けてくださいね。
 
●館内を連れて歩く時・・・
他のペットも宿泊している場合があるので、ケージやカゴに入れるかリードを必ずつけましょう。(お宿によっては、ノーリードの所もありますがペットから目を離さないように注意!)
ホテルや旅館では移動にケージが必要な場合がありますので、予約時に確認をしておきましょう。

●パブリックスペースなど共有の場所では・・・
他のペット連れのお客さん達との会話も楽しみのひとつです。ペット達はとくにお行儀よくさせたいもの。宿内でケンカにでもなったら大変ですよね。(特に、大型犬と小型犬がじゃれている場合は注意が必要です)

●飼主さんの食事時には・・・
ダイニングもペットOKという宿もありますが、みんなが食事を楽しむところです。ペットには必要最低限のしつけをしておきましょう(足元に座らせてるかフセさせておく)。
部屋に残しておく時はケージに入れるなどして、ペットを自由にしておかないこと。
他のお客さんやペットに飛びかからないように注意しましょう。
中にはペットアレルギーの方もいるかもしれません。
しつけはきちんとしておきましょう。(おすわり・ふせ・まて)は最低限必須です。
階段の昇り降りや部屋の出入りでは、飼い主さんが先、ペットは後からということを忘れずに!飼い主さんの横をちゃんと歩かせるのがベスト。
 
ペットにとっても、飼い主さんにとってもルールを守れば、楽しい旅行になるのは間違いなし!!
不愉快な思いをしない為にも、マナーは絶対守りましょう。
予約時にペットの種類や初めての旅行など、伝えておくとアドバイスをしてもらえるかも。
分からない事は、必ず聞いてみましょう。
観光地やレストランなど、ペットOKの所が周辺にあるか訪ねてみるのもいいですね。
ペットを連れての旅行をするなら、まずはペットの気持ちを考えて・・・。
 
いつも使っているものを用意しよう!
おやつ類 ごはん 飲料水 遊び道具
食器類 ウンチ取り袋    
お宿でも必要になるので必ず持っていこう!
トイレシート ウエットティッシュ 新聞紙 消臭スプレー
粘着ローラー シーツ    
観光地でのお散歩もかかせないもの!
雨具 リード アドレス付の首輪 長いロープ
お散歩用バック      
もしもの時の救急セットも忘れずに!
常備薬 ハサミ テープ ティッシュ
脱脂綿 ダニ取りセット    
※お宿によっては、ケージ持参を条件とする所もありますので、用意しておくと便利です。ケージには普段から慣れさせておきましょう!その他、自分のペットにこれは必要だと思う物は、必ず持って行きましょう。
 
pet宿.comは「より良い共生社会」するために「ウンチ0宣言」します!
HOME > トラベルマナー&旅行前にcheck! > トラベルマナー


ペットと泊まれる宿ガイド 電子ブック・電子書籍「inumaga(イヌマガ)」
HOMEペットと泊まるトラベルマナーペット宿グランプリ宿泊感想文リンク集ヘルプ/問合せ
会社案内お宿オーナー専用ページ広告についてお宿登録内容変更はこちら
ペットと泊まれる宿 pet宿.com(ペット宿ドットコム)で掲載している、内容および写真画像の無断転写は固く禁じております。
ペットと泊まれるお宿が探せる ペット宿ドットコムCopyright(C) pet宿.com All Rights Reserved.