ペット宿ドットコム 犬と宿泊できる宿・猫と宿泊できる宿・ペットと宿泊できる全国の宿の紹介 ペット宿プラス ペットと一緒に入れるお店や施設の紹介サイト ペット宿.comのショッピングサイト お得なワンちゃん洋服や消臭剤も・・・ イヌリンピック 犬のイベント・ドッグイベント 電子ブックイヌマガ ペット宿ドットコム公式ツイッター
ペットと泊まれるお宿を探せる情報サイト 犬・猫・小動物などペットと宿泊できる旅館・ペンション・ホテルを紹介
HOMEペットと泊まるトラベルマナーペット宿グランプリ宿泊感想文(口コミ)ペットイベントカレンダーリンク集pet宿.comショッピング
HOME > トラベルマナー
ペットと泊まれるお宿は年々増えていますが、反対にペットの受入れを停止するお宿も数多くあります。なぜ、停止するのか。それは、『粗相をした場合、お宿に言わない。(自分たちで始末する)』『吠えているのに静止しない』『ないしょで布団の中に入れている』・・・などなどケースは様々です。
ペットと宿泊できるお宿を減らさないためにも、ペットと旅行に行きたいと思っている私たち一人ひとりが考えて行動しなければなりません。
特に1才未満のワンちゃんは他の犬との接触に注意してください。ドッグラン使用の際に証明書の提示が必要な場合があります。
館内に入る前にはトイレをすませておきましょう。不安な場合はマナーベルト(おむつ)の着用で安心。もし粗相をした時は必ず宿へ伝えましょう。
他の犬も吠えだす場合があるので、興奮したり吠えたりしないよう飼い主が注意を払いましょう。周囲への配慮も忘れずに。
ノミ・ダニの駆除、抜け毛対策はもちろん、旅行前の身だしなみとして事前にシャンプーをしましょう。帰宅後のケアでさらに安心です。
宿によってはケージの持参が必要な場合もあります。普段から愛犬が安心できるケージでお留守番ができるようにしておきましょう。
愛犬の排泄物は必ず持ち帰りましょう。宿によっては専用のゴミ箱が設置してありますので所定の場所へ捨てましょう。
多くの宿でワンちゃんをベッドへのせることは禁止です。ベッドカバー・敷物持参で大丈夫なケースもありますので宿に聞いてみるとよいでしょう。
 
いくらペットと泊まれるお宿といっても、何もかもがペットOKというわけではありません。お宿にはそれぞれルールがあり、そのルールを守らなければならないのは当然のこと。中にはマナーが悪い人もいます。「ペット連れはマナーが悪い!」なんて思われないように、最低限のマナーは守りましょう!ペット連れではない人も宿泊している場合もありますので、配慮が必要です。

★マナーって?
・犬が吠えているのに注意しない。・粗相をしてもお宿の人に伝えない。・ペットだけで廊下などを歩かせている。 etc...
自分が飼っているペットなら平気だけど、他の動物は苦手だという人もお宿には泊まっている場合があります。また、動物自体が苦手という人がいることを認識しておきましょう。外はもちろん館内でもリード着用が基本です。ノーリードがOKのお宿でもペットから目を話さないように注意しましょう!
 
●お宿に入る前にペットの排せつは済ませておこう!
旅行に慣れていないペットにとって、排せつの大まかなリズムを飼い主さんがちゃんと知っておくのも大事なこと。


●ペットの足はきれいかな!?
宿に入る前にペットの足をちゃんとふいてから館内にあがりましょう!お宿には、足洗い場が完備されている所もあります。無い場合は、濡れタオルなどを用意しておきましょう。


●お宿のルールを再確認!
予約した際にお宿の方にルールを聞いておきましょう。お宿によって、ルールは違います。お宿に着いてからも再確認しておくと、トラブル回避にもなります。


●ペットのフンは持ち帰るのが常識!
ペットのフンは飼主さんが責任をもって持ち帰りましょう。各お宿の中には、ペット用のトイレや指定のゴミ箱が完備されている場合がありますので、使用させていただきましょう!
 
●ペットの居場所をセッティング!
客室に入ったら、持参したトイレセット(トイレシート等の下には防水シートがあれば完璧)、飲み水などをセッティング、ペットの居場所を決めてあげよう。ねこちゃんにはツメとぎも用意!とくに、環境の変化に敏感なねこちゃんは、お部屋に慣れるまで飼い主さんはそばを離れず一緒にいてあげるといいかも・・・。


●お家でしていることはお宿ではNG!
室内では、他のお客さまも使うことを頭にいれて、家にいるときのような自由な行動はダメ。ベッドなどにあげる場合もお宿によって異なるので、必ず聞きましょう。もし、OKだとしても持参したシーツ等を使用するのがエチケット!


●チェックアウト時は簡単な掃除を!
『ペット連れの宿泊後は部屋が汚い!』なんて思われないように、チェックアウトの前には簡単に粘着ローラーなどで抜け毛を取り、トイレの始末(猫の砂)や消臭スプレーなど最低限の掃除を忘れずにしていこう。今度、宿泊する時も気持ちよく受け入れてくれるはず!
※旅館などでは障子や襖があるので、もしひっかいたりして破損すると修理代を請求される場合があります。ペットの行動には十分気を付けてくださいね。
 
●館内を連れて歩く時・・・
他のペットも宿泊している場合があるので、ケージやカゴに入れるかリードを必ずつけましょう。(お宿によっては、ノーリードの所もありますがペットから目を離さないように注意!)ホテルや旅館では移動にケージが必要な場合がありますので、予約時に確認をしておきましょう。


●パブリックスペースなど共有の場所では・・・
他のペット連れのお客さん達との会話も楽しみのひとつです。ペット達はとくにお行儀よくさせたいもの。宿内でケンカにでもなったら大変ですよね。(特に、大型犬と小型犬がじゃれている場合は注意が必要です)


●飼主さんの食事時には・・・
ダイニングもペットOKという宿もありますが、みんなが食事を楽しむところです。ペットには必要最低限のしつけをしておきましょう(足元に座らせてるかフセさせておく)。部屋に残しておく時はケージに入れるなどして、ペットを自由にしておかないこと。
pet宿.comは「より良い共生社会」にするために「ウンチ0宣言」します!
HOME > トラベルマナー


HOMEペットと泊まるトラベルマナーペット宿グランプリペット写真館宿泊感想文pet宿.comショップリンク集
会社案内宿泊施設オーナー専用ページ広告についてお宿登録内容変更はこちら
ペット宿ドットコムは「株式会社ぐらんぱう」が運営しています
pet宿.com(ペット宿ドットコム)で掲載されている内容、および写真画像の無断転写を固く禁じます。
pet宿.comロゴ Copyright(C) pet宿.com All Rights Reserved.
 
ペット宿ドットコムアプリ アンドロイド版ダウンロード ペット宿ドットコムアプリ iphone版ダウンロード